加工技術紹介

昭和46年の創業以来、当社は一貫して『表彰するカップやトロフィー、記念品をさらに輝かせる文字の彫刻』を常に追求しております。

過去の加工実績

1998年長野五輪日本選手団団員証彫刻、2006年ドーハアジア大会日本選手団団員証彫刻、Jリーグ・JFL各種表彰品彫刻、男子・女子ゴルフ国内メジャーおよびツアー大会の優勝カップ(レプリカ)彫刻、K1など格闘技イベントのチャンピオンベルト彫刻、JT(タバコ)や大手酒販メーカーの各種アクリル商品POP作製

コンピュータ彫刻

手動式2台、自動式9台と日本最大規模の設備がございます。プレート形状の彫刻を最も得意とし、筒状の素材(優勝カップ本体や銅製マグカップなど)への彫刻も行います。また、コンピュータ内のフォントや各種ロゴマーク、写真などの加工もできます。

  • 真鍮製カップ
  • 真鍮皿
  • 錫製グラス
  • 銀盃

CO2(炭酸ガス)レーザー

アクリル、木、皮、樹脂系素材を中心に、木製品、革製品、樹脂系の板材などの加工を行っております。直径14cmまでの筒状素材(一部条件等あり)への加工も可能です。

  • アルミ板
  • ミラー板(アクリル)ウェルカムボード
  • 柘植・ストラップ
  • 特大板(校歌板など)
  • 桧製コースター
  • アクリルメダル
  • 皮製
  • 木製

YAGレーザー

低出力と高出力の2種類の装置を備え、真鍮、アルミ、ステンレス素材への表面加工・マーキングを主に行います。特殊な塗料を用いることにより、加工した金属への染色(黒のみ)も可能です。

  • 真鍮製プレート
  • 真鍮皿
  • アルミ板
  • 錫製グラス
  • 銅製マグカップ
  • 銀製フレーム
  • 真鍮製タグ
  • 電鋳プレート・YAGレーザー後、色付け
  • Zippoライター

その他彫刻

炭酸ガスレーザーより出力は出ないものの、それらのレーザーでは加工できない熱に弱い素材への加工に威力を発揮するグリーンレーザー、ガラスや石材への加工を行えるサンドブラストや、会社や家の表札によく使われる真鍮切り文字加工も行います。是非、お問い合わせください。

グリーンレーザー彫刻
  • 高級ボールペン(表面・樹脂製)
サンドブラスト加工
  • オニキス(人工大理石)製カップ
  • オニキス(人工大理石)製表札
  • グラス
  • ロックグラス
  • クリスタル
参考商品
  • アクリルにトランプのカードを封入商品
  • 金属製・ストラップ

このページの上部へ

彫刻屋さんが作ったストラップ

通販サイトから直接イタクラ工芸の製品を購入することが出来ます。

通販サイトへ

加工に関するお問い合わせ

Webサイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

  • 電話でのお問い合わせ:03-3949-5273
  • FAXでのお問い合わせ:03-3915-5733